棋力倍増で大記録を

10 1,470 黄昏のトミー 1 ヶ月、 2 週間前

 聡太二冠は1年前の自分に対し6割勝てること
を目標にしていると以前語っていた。5割が6割
になれば1.2倍、4年続けば1.2の4乗で約2倍
棋力が向上したことになる。

 毎年対局相手のレベルが上がっているにも関らず
4年連続年間勝率が8割を超えていることで、自身
の目標は達成されていることを証明できる。
 何とデビューから29連勝した時より、棋力は2倍
になっているのだ!!

 そこで本年度普通ではあり得ない夢のような次の
三つの大記録を達成することを私はマジに予想する。

① 30連勝
② 年間勝率9割
③ 最年少五冠王

 日々異次元の進化をしている聡太二冠なら。実現
しても何ら不思議ではない気がしている。

コメント一覧

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
  • 2021年9月4日 2:40 pm
    TM

    普通にあり得る記録ですね、6冠と思います。

  • 2021年4月18日 10:42 pm
    もも香

    黄昏のトミーさんの予想が
    ① 30連勝 ②年間勝率9割 ③最年少五冠王とありますが、
    どれもあるよね~と思えるのが怖いですね。
    ①30連勝:6月末までに達成するかも。王座久保戦と棋聖タイトル戦が関門か。
    ②年間勝率9割:達成できればすごいですが、タイトル戦、テレビ棋戦、JT杯で厳しい。
    ③最年少五冠王:現在保持タイトル+竜王、王座、王将は是非達成して頂きたい。
    プラス④月間最多勝利数12勝タイ以上:五輪の関係で詰め込まれると可能性あり。

    このような予想をするのも楽しみの一つですね。藤井さんだからこそですが。

  • 2021年4月18日 9:41 am
    TM

    皆さん控えめですね。41銀の棋士には、勝てません、より
    ①30連勝×、で78連勝が〇
    ②勝率9割×、で勝率夢の10割が〇
    ③78ですから、勿論連続5冠で、最年少7冠です。
    以上、これは99,99%無いわ、とみんなが思うはずですね、
    ①と②は無理でも、②の7冠は確実ですよ。

  • 2021年4月18日 9:31 am
    wakeup

    ひそかに予想&期待しているのが、NHK,JT,銀河、朝日杯の年間グランドスラムです。
    持ち時間の少ない戦いも、格段の力見せ始めているので、どうですかね。
    30秒はやや苦手のようですが、昨日のABEMAをみたら、行けるかもって思いました。

  • 2021年4月18日 12:03 am
    YS

    今期2勝後のレーティング2024(これ自体ものすごい)ですが、八代さんかなり上位の棋士ですが、勝っても+2。負けた場合どうなるのかよく分かりませんがー15とかでしょうか。
    1500くらいの棋士に負けたら、マイナスどのくらいになるのか?です。
    ですからレーティング2100なんていくのかな?
    あのレーティング2000を上限として設計されてるって聞いたことがあります。

  • 2021年4月17日 11:42 pm
    healing

    デビュー以来負け知らずで29連勝なんて、将棋ファンの誰ひとりとして考えなかった偉業です。
    ただ、黄昏のトミーさんがおっしゃられる数字はおそらく何人もの将棋ファンがひょっとしたらと考える記録です。自分もそのひとりです。ただ一番厳しそうなのは勝率でしょうね。

    普通はクラスが上がると勝率は落ちるものですが、それは棋力の伸びがそれほどでもなくなるか止まるからです。しかし、藤井さんは今現在も勝率8割で強くなり続けているところが落ちない理由です。そして、他のトップ棋士は藤井さんの強くなるペースで強くなれない(藤井さんとの差は開くばかりです)。ですから、ここ数年は8割は当然のこととしてこれまで以上に勝率は上がるとふんでいます。

    ただ、それが9割までいくかというと、これは相当厳しいでしょうね。藤井さんはかすかな記憶の限りでは、デビュー間もない頃に自身のレーティングの上限を2200か2300あたりだと言っていたように思います。2400までになれば、2000の相手に勝率9割ですから、達成されるでしょうが(とんでもない話しです)、2300だと8割5分。まあ対戦相手すべてが2000ではないので、2300ぐらいになれば可能かもしれませんね・・・そして、ここからは想像ですが、今現在潜在的なレーティングは2100はあるのではないかと思っています。いや、ひょっとしたらもっと上かもしれません・・・何せあの藤井が将棋一本で勉強し始めたんですから。。。そして、今現在は点差のある対戦相手も結構いるので、ひょっとしたら9割も可能かもしれないと思っています。少なくともデビューから29連勝よりはるかに現実味のある話しではないでしょうか。。。

  • 2021年4月17日 6:34 pm
    モコ

    竜王戦松尾八段戦、そして八代七段戦。勝ち方は違えど、またまた強くなったのかなと思います。(素人の見立てですが)
    具体的な数字はともかくとして、高校を自主退学して将棋に専念し始めた藤井二冠、今年はとんでもなく、我々の想像を超えたことをやってくれるのではないかと思ってしまいますね。

    棋聖戦、王位戦それぞれの挑決の途中経過を見ても、タイトル戦は4強間の争いになる公算大。
    そこで、圧勝ということなら、数字的にも異次元の結果となるかもですね。

    将棋の内容も結果も楽しみです。

  • 2021年4月17日 6:01 pm
    黄昏のトミー

    2020年度の成績を予測した人がどれだけ
    いたでしょうか?
    そもそも年間勝率8割自体も異次元でした。

    勝率だけでなく、内容も明らかにレベルアップ
    しています。きっと想像を超える活躍をしますよ。

  • 2021年4月17日 2:12 pm
    エビス

    年間負けなし!全勝すれば可能でしょう。が

    本人も棋士も日本将棋連盟もファンもそんなことはつゆほども思っていないでしょう。
    繁栄どころか将棋界を衰退させるような出来事が起こるとは考えられません!

    次男坊の聡太先生が将来親元を離れ独立しても心身ともに健全な棋士人生を送って欲しいと願っています。(いつかは管理栄養士の資格を持つ頼れるパートナーが・・・)

  • 2021年4月17日 1:09 pm
    YS

    夢のような数字ですが、少し無理かとw
    でも、20連勝+アルファはもう現実になりつつありますね。
    タイトル戦が相当入ること考えると勝率は8割超えれば、それ自体驚異的。
    タイトルは3冠で満足(私がですがw)

    現状対局数が多いのは、菅井、木村、豊島戦の7局ですが、今年度終わったところで、渡辺戦、永瀬戦、豊島戦が何局になってるか?

    今年度はタイトル一つくらい増やして、確実にA級に上がってくれれば言う事なしです^^

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)

コメントを投稿する