来年のJT杯出場可能性

2 578 mj 2 ヶ月、 3 週間前

少し気が早いですが、藤井七段の次期JT杯出場可能性について予測します。

JT杯出場棋士12名は、①前回覇者、②タイトルホルダー、③前年の賞金ランキング上位者の順で選出されます。

今年の藤井七段の初出場は、2018年の賞金ランキング12位によるものでした。
その主な内訳は、①朝日杯優勝賞金750万円、②新人王戦優勝賞金200万円(推定)、③竜王戦5組優勝賞金155万円、④竜王戦本戦対局料104万円(52万円+52万円)、計1209万円で、その他の棋戦対局料(非公表)を含めて総額2200万円程度と推定されます。

さて本2019年の賞金ランキングですが、藤井七段の賞金はすでに確定しています。
①2019年朝日杯優勝賞金750万円、②竜王戦4組優勝賞金205万円、③竜王戦本戦対局料254万(57万円+77万円+120万円)、計1209万円ですので2018年と同額です。よって藤井七段の獲得賞金&対局料総額は、ほぼ前年並みと見て良いでしょう。

また複数冠タイトルホルダーが誕生しているため、賞金ランキング上位者の参加枠が増える見込みです。

以上から、藤井七段のJT杯連続出場はかなり期待出来そうです。

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 2019年9月15日 1:46 pm

    JT杯出場はトップ棋士の証明であるし、入場無料の公開対局でとても楽しい雰囲気なので、来年も出場してもらって、応援ツアー希望します。

    6
  • 2019年9月15日 1:45 pm
    mj

    2018年賞金ランキング
    9位 2193万円(菅井竜也七段)
    10位 2189万円(深浦康市九段)

    2017年
    12位 1795万円(豊島将之現名人)
    13位 1699万円(斎藤慎太郎現王座)

    8
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する