我々、感覚がマヒしてるんじゃないのか?

3 392 YS 1 ヶ月、 1 週前

もしか、したら、12月の下旬にもう一局入る可能性がないではないですが、年内が出口戦で終わると、12月は三局で対局少ない!ってことになっちゃう。
でも考えてみると、出口戦までで43局。ほとんど、月5局のペース。
平均的な方達だと、年間40ってのはかなり多いほうでしょうから、贅沢な話^^
現時点で全く相手が分からない銀河戦とかも含めると、年度内50局を超えることは確実。
各棋戦勝ち進むと60局近くなるかも。
殺人的なスケジュール^^
文春オンラインかなんかで見ましたが、昔谷川九段が12月に15局とかで最終局は大晦日ってとんでもないのがあったそうなんで、それよかマシですがw

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 2019年12月11日 10:05 pm
    さわちゃん

    二人のご意見にまったく同感です。聡太熱狂ファンとしては毎日でも彼の戦っている雄姿を見たいものです。聡太君からしたら週一でも高校生活との両立は想像以上にたいへんだと思います。聡太君のことだから高校の授業でも手を抜くことはしないでしょう。反対に将棋の世界から抜けだして別の気が安らぐ世界、高校生活を謳歌していると察します。私は自分勝手にそのような聡太君像を作り上げて満足していることが少し恥ずかしいですが、まあファンとしては仕方がないのかも。聡太君を「見ながら応援したい!」とこの一心でのサポートです。対局が空くときは次回の対局を楽しみに応援する力を貯めておくということではやる心を押さえておきます。あまり無理を言わないようにします。

    4
  • 2019年12月11日 12:23 pm
    KM

    藤井君の高校の件についてはファンとしては心配ではありますが。

    何かのインタビューで、学校は楽しいかと聞かれてて、「はい」ではない微妙な答えをしてましたよね。
    もうそんな質問しないでよ!と怒りたくなりました。学校って、授業以外の時間に友だちとわちゃわちゃするから楽しいわけで、授業だけのために通う彼には苦行だろうなと思います。

    ただ、中高一貫校にしたのは、高校受験と奨励会が重なると大変だという話をお母さんが聞いて急遽受験させたということでしたね。
    そんな親の配慮、愛情を十分感じているからこそ、プロになった今は、面倒だけど頑張って勉強、卒業しようとしているのだろうなと思います。
    対局日程も、都合の悪い日はあらかじめ申告できるらしいので、藤井君なりにちゃんと熟慮して両立を計っていると思いたいです。

    5
  • 2019年12月11日 9:48 am
    モコ

    本当ですよねー
    我々対局が10日も空くと寂しくて仕様がないですが、週イチペース以上というのは、1年間体調も気力も維持し続けなくてはいけないし、想像もできませんが大変なことでしょう。しかも必ず新幹線に乗っての遠征ですからね。
    これで2日制のタイトル戦がいくつも入ったらどうなるのでしょうかね。改めて羽生先生の超絶偉大さが・・・。
    どなたかが仰ってたように、このところ火曜日の対局が多く高校の単位が心配ですし、体調も心配。そんな中頑張ってくれる藤井七段には感謝、感謝で応援するしかないです。
    今月下旬は銀河戦の収録でもあるんですかね?

    5
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する